恐竜のたまご

こないだ東京に旅行に行った母がわたしにお土産を買ってきてくれた。

いつもは鳩サブレーとかなんか東京土産的なモノを買ったりしてきてくれるのに

なんで恐竜のたまご?

と思いつつもけっこうこういうのが好きだったりするわたし。

 

さっそく説明書を読むと、たまごを孵化させるためにはコップにたまごを入れて、たまごより多めの水をはり

そのまま12時間~24時間たつと中から恐竜が出てくるとのこと。

 

意外とかんたんに産まれてくるんやね。

 

30分ぐらいすると、たまごの表面に変化が!

順調じゅんちょう。

 

それから1時間。

母が「わーー!」と言ったので見ると、なんだかたまごがスゴイことに!

なんか恐竜じゃないのんが産まれそう。。

 

YUI家の猫サンたちに襲われないようにコップを部屋に持ってこうとした瞬間。

とつぜん、たまごがゆっくりとフヤフヤ―と割れて姿を現した恐竜サン。

思わず 「産まれたー!」と叫んでしまったけど、赤ちゃん恐竜かおコワい。。笑

 

朝起きて恐竜を見ると、でっかくなってる!

育つんはやいなー

 

たまごをコップの中にいれてから約12時間

頭が水から出て完全に大人になってた。

 

もうコレ以上育ってきたらこわいのですぐさまコップから出して部屋に移動。

いやー、恐竜育つのってはやいですね。

きっとオスやと思うので名前はBILLYと命名

 

今度はトリケラトプスに育つやつが欲しいなー

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    123456789*0# (土曜日, 13 4月 2013 07:59)

    そっちがいなー