KABUKI

土曜日のこと。

 

「九月大歌舞伎 六代目 中村勘九郎襲名披露」

夜の部観てまいりました!

 

はぁー。なんとも、なんとも。。

言葉に言い表せれないくらい良かった。。

 

なにが良かったって、まず座席が良かったんです。

だって前から3列目!3列目!

もう2度とお目にかかることのない座席番号。。

ありがとー!

 

もひとつ良かったのは夜の部だけ「口上」があったコト。

これがほんとにカッコ良い!

役者さんの喋りの上手さと迫力に圧倒されまくりでした。

 

襲名祝いの絵馬

 

鶴瓶からの絵馬を見た瞬間、わたしの頭の中に鶴瓶の顔が

ヌゥーーんと浮かんで笑ってしまった。

申し訳ない。

 

 

さいきん歌舞伎を観るたび自分なりに歌舞伎を楽しめるようになってきて、

歌舞伎に対する堅苦しいイメージがちょっとずつ抜けていって、舞台を観るような

感覚で観れるようになってきたワタシ。

少しずつ成長してるんでしょうかな。

 

いっかいコクーン歌舞伎も観に行ってみたいもんだわいなー